fbpx

官僚制は実は知識ではなく、抽象的な知識の権威を社会全般に行き渡らせようとする

関廣野『プラトンと資本主義』 北斗出版 1982年


p380-382
例えば政府の高官と一介の女性の事務員を分け隔てているのは、身分ではなく官僚機構内の位置の差にすぎない。この事実に対応して、社会的官僚制が規範とする知識は、原則として万人に解放された公的な性格をもち、さらに特定の人格に神秘的に合体した知識ではなく、知識そのものの非人格的な権威がこの官僚制を支配する。加えてこの官僚制を伝統的官僚制から決定的に区別していることは、それが知識を万人に公開すべきものと認めるだけでなく、知識それ自体が可能な限り潤沢に万人の間に普及さるべきであると公言していることである。実際、プロテスタントが皆自分自身の救済に専念する祭司だったように、社会的官僚制の下では誰もが自分自身の教師となり可能な限り学問、教養を身につけねばならない。民衆は無知に留めおかれるどころか文化の圧力と公的措置にとって学問へと強制され、知識の権威に畏怖することを叩き込まれる。伝統的官僚制下の民衆の「アジア的無関心」とは対照的に、社会的官僚制下では教育熱が支配する。そして企業と官庁の官僚機構は、教育された労働力という視点から組織されている。
 近代的官僚制はこのように知識を普及されることを志向し、誰にでも知識を習得する機会を与えようとするが、これは人間本来の知的探求心とは何の関係もない。この官僚制は実は知識ではなく、抽象的な知識の権威を社会全般に行き渡らせようとする。それは官僚制化した社会で専門家が独占する知識のことであり、普及さるべき知識として正当化されているのは専門家の政治的威信なのである。したがって近代的官僚制は、知識を普及させ被支配者を「啓蒙」することをつうじてこそ知的独占の機会を作り出し、その知的独占の実体は官僚制の下で専門家が独占している政治権力である。この事態はかつてマルクスが暴き出した資本主義的な収奪と独占のシステムと見事に対応している。すなわち資本主義の経済体制は、労働者と消費者を直接収奪するのではなく、反対に大量の商品を生産し流通させることをつうじて彼等を長期的かつ最も効果的に収奪するのである。マルクスによれば、この流通をつうじての独占の形成が可能となるのは、工場において労働者が生産手段から分離され、人間的自発性を失って警衛隊の一要素と化していることによる。そしてこの資本主義経済における工場制度というスキャンダルに、資本主義の政治的文化におけるもう一つのスキャンダルが対応している。それは学校教育というスキャンダルである。
 近代世界の社会的官僚制は学校教育なしには考えられないものである。学校教育は個人の社会化の過程そのものを官僚主義的に管理し操作することによって、個人の市場社会への内面的な統合を実現する。そして工場制度が労働を資本という反=労働に転化させるように、学校制度は教育を反=教育に転化させる。というのも近代の学校の機能は本質的に政治的なものであって、抽象的な知識の権威を社会的に確立し、専門家による非専門家の操作と管理の正当化に仕えるものだからである。近代社会における官僚制的な支配の在り方は、学校教育のうちに要約されている。言い換えれば、知識の普及や人間形成をおためごかしに目標に掲げる近代の学校教育制度の本来の機能は、家族と地域社会からそれらに備わる伝統的な教育機能を剥奪し、これを社会的官僚制下の専門家の手に集中させることにある。伝統的にーーーそしてある意味では常にーーー個人の性格形成としての教育は家族に、倫理的=政治的教育は地域社会に委ねられ、民衆の日常文化と政治的自治能力はこの両者に基礎を置いていた。学校教育は、近代資本主義がこの民衆の政治的自治能力を麻痺させ粉砕するために用いた最も重要な戦略兵器であった。実際、資本主義体制の下では、経済の中心がその伝統的単位であった家族と地域社会から巨大な法人企業に移行すること、行政手段が匿名の官僚機構に集中すること、そして家族と地域社会に変わって学校教育が教育活動を独占することは、全く同時的な、事実上一つの事柄なのである。
 学校教育とは教育活動一般の官僚制化を意味する。しかし、一度制度化されるや、学校教育はあらゆる官僚制を生む原=官僚制として機能する。学校教育は直接資本に役立つ「人材」を養成するというよりは、機械としての個人を大量生産する。この教育学的支配という、市場最も陰険で冷酷な支配の様式は、十八世紀の啓蒙主義によって確立された。我々は啓蒙主義の本質を「教会から学校へ」という語に要約できよう。なるほど啓蒙主義は教会と「坊主ども」に政治的には激烈に対立したが、その実、「真理、進歩、人間性」といった合言葉の下に、西欧のキリスト教会が一千年来準備してきた民衆に対する教育学的支配を一挙に完成させたのであった。宗教改革がすべてのプロテスタントを俗世における修道士としたように、啓蒙主義は万人を抽象的な知識に奉仕する勤勉な学徒とした。こうして洗礼式に入学式が、牧師の説教に教師の課業が取って替わった。カルヴィニストの後継者は、何事にも正しい方法があると想定し、現在の必要ではなく将来への準備を強調する学校教育であり、カルヴィニストに独特な生活態度は、学校の生徒たちの間に再現されることになったのである。

昨日はこのような会に呼んでもらったのだが、上のことも言えばよかったなあと思ったのだった。

https://youtu.be/uZCWnO3yUK4

https://youtu.be/uZCWnO3yUK4

哲学のプロはありえない?

哲学にはプロやアマはあるだろうか。草野球や草サッカーがあるように、草哲学がないはずがない。プロ野球やプロサッカーと同じように、哲学もまたプロ哲学があるとしたら、それはアカデミズム哲学やジャーナリズム哲学のことであろうが、それらは果たして褒められるべき哲学であろうか。

ところで、素人や玄人、良し悪しがあるかもしれないことは、「なぞらじ」で話されていた。

「プロ」と哲学者とアカデミズムの問題に関するツイート

世すぎのために金をかせぐのが、どれほどの卑しいことであるか知っている人は少ない。

お金をもらうことが卑しいことだとしたら、お金をもらって哲学することはどうであろうか。

以上のことは、昔からの大問題なのだ。

歴史的な大問題であることの証拠 納富信留『ソフィストとは誰か』から引用

歴史的な大問題だ、とのことは、アカデミズム内部でもすでによく知られたことである。以前にnoteには書いたところを抜粋しておこう。

https://note.com/tritosanthropos/n/nab5bfba25d95

『ソフィストとは誰か』では、プラトン『ゴルギアス』の冒頭が次のように説明されている。 

 ゴルギアスの自負する「演示epideixis」に対して、プラトンがソクラテス哲学の「対話dialogos」を挑戦させる、対話編全体の趣旨を示している。人々の前で美しい言辞をつらねる弁論は別の機会にして、一問一答の対話で共に探求を、と要求するソクラテスに、ゴルギアスの側は一向に意に介さず、そういった一問一答も「演示」の一つであると受け入れる。
 哲学を弁論術から明確に区別し、対比させようとする哲学者の側の試みと、哲学の言説も弁論術の内部に回収して差異を消し去るソフィスト側の戦略とが、これほど明瞭に表現されている箇所は他にない。

『ソフィストとは誰か』p156 納富信留

もしかして「汝自身を知れ」「無知の自覚」とは、世すぎのための金稼ぎに対する自嘲?

お金をもらって知を与える営みに潜む不穏な何かに、プラトンが気づいたことが、哲学の歴史的起源だったのかもしれない。そうすると、「歴史的起源にさえも関わる」どころではなく、哲学の歴史的起源そのものかもしれない。

それは歴史的起源というだけでなく、人が哲学を「始める」に当たって必須なことかもしれない。自らの問いが、世すぎのための金を稼ぎなどという卑しい行為に成り下がっていることを自覚しない限り、哲学を始めることができないかもしれない。

もしかして無知の自覚や汝自身を知れ、とは、この種のことを言っているかもしれない、と考えたくなるのは、私だけだろうか。

考察:哲学と金稼ぎの目的と手段

お金をもらわずに哲学ができればそれはそれでよいことだろう。ここに問題はない。けれども、それと哲学を「教える」ことでお金をもらうこととを一緒くたにしてはいけない。

哲学を教えるに当たってすべからくお金をもらってはいけない、ということにはならないからだ。哲学に価値を認める人に限って哲学を教える場合には、哲学を教えることでお金をとってよい。そればかりか、お金をとるべきなのだ、ただで教えてもらえる無知な人々を排除するために。

このことが理解されれば、哲学に関わることでお金をもらうことが全て悪い、などという粗雑な結論には至らないはずである。哲学をすることが目的でありその手段としてお金を稼ぐという、目的と手段の主従関係が常に保たれている必要があるのだ。それゆえ、お金をもらうかもらわないかではなく、なんのためにお金をもらうか、を問う必要がある。それが哲学のため、真理のためであれば、許される可能性があるはずだ。

問い:金稼ぎを目的とし哲学を手段とすることは可能か。

いやしかし、そんなことよりももっと重要なことがある。金稼ぎを目的とし、哲学を手段とするようなことが、本当に可能であろうか。そんなことは、そもそも一体いかにして可能か。手段としての哲学、とは私にとってはもはや丸い四角、配偶者をもつ独身者のように聞こえて仕方がないのだが、それについては、オンライン哲学対話で語ることにするか。

関連記事